Blog東建ハウス スタッフのブログ

    住まいの教室3【七つの家づくりコンセプト】

    住まいづくりのアクションの前に家族で一度【七つのコンセプト】について話し合うことが大切です家族で住まいづくりのアクションを共有する為です。

    (1.なぜ)です。なぜ新築ですか?再生住宅やリフォームではダメなのですか?専門家に耐震診断を含め構造体をチェックしていただきダメージが少なければ構造補強で十分対応できるのです。耐震補強を行えば市からの補助金が出ます。かなりの大きな金額ですよ。

    (2.いつ)です。いつ住宅づくりを開始しますか?特に今回のように消費税UPの時期が近付いている場合は特に重要で、開始する時期によって費用が多くかかってしまうのです。しかも予算に無い大きな金額の出費になるのです。知識のある専門家を交えて話すとなお良いです。消費税UPの時期は駆け込み需要が確実にあるため価格が上昇するのです。

    (3.どこに)です。建築場所の敷地のことです。土地を求めて建てる場合、土地を選ぶ能力が無いと失敗します。施主さんのほとんどの方が無意識に学校やスーパー、病院が近いとかで良い敷地と勘違いします。しかしそのようなハード的な要因ではなく地相、水はけ状態、日照通風などのソフト的な要因が重要なのです。調べるのには専門的知識が必要になりますので当協会に土地を買う前に相談していただくと良いのです。多少の費用はかかりますが重要なことなのです。

    この後の(4~7)は次回に

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    住まいの教室2【説得から納得の家づくり】

    現在まで相当数の問題の解決方法の相談や欠陥検査依頼などの相談を受けてきました。しかし【後の祭り】的な内容でこの時点での相談は納得できる解決方法は無いのが現実です。つまり、問題と思われる状態が発生した時点では応急処置的なアドバイスしかできないということです。だから慎重な業者の選び方が必要なのです。それにはある程度の専門知識が必要です。家族以外の無責任な口コミやアドバイスのみで行動を起こしてはいけません。家族以外とはすでに建築した友人や親兄弟、営業マンを含めた業者などです。ある程度の知識を身に付け、またそれを使ってこそ納得の家づくりの初めなのです。

    ポイントのみを書き添えましょう。健全な住まいは健全な施工業者を見抜くことができることが最良で業者の【ソフト】と【ハード】を確認することができる能力をつけるということです。

    【ソフト力】とは施主の要望を引き出す事ができる予測能力や提案力さらに現場センスやデザインセンスのことで、【ハード力】とは施工や資材の正確な知識や住宅建築の技術的経験の多さ、さらに職人の指導力などです。技術的経験の多さは特に重要で同じ建築を経験した方でも特に住宅建設を多く携わってきた会社や監督という意味です。ビルと住宅は全く違う種類のものなのですから。

    展示場の営業マンは、知識がない“あなた”を説得させるのに使う言葉の専門知識は最大の良い道具になるのです。

    どのように【ソフト】と【ハード】を見抜くかは私が書いた下の本には詳しく解説してあります。

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    住まいの教室1【なぜ?この教室での勉強が必要か】

    東日本住宅検査協会は平成10年に設立しました。その3年前の平成7年1月にマグニチュード7.3の阪神淡路大震災が発生し、死者行方不明者6436名、全壊及び半壊住宅約25万戸、全焼火災約7120棟の大災害にみまわれ、その16年後の3月11日14時46分に東北大震災が発生、津波による多数の死者がでたのです。その当時、阪神地震の死者のほとんどが全壊住宅による圧死の為、木造住宅以外の工法を販売してきたハウスメーカーさん達は【木造住宅は地震に弱い】と言い、ちょうどその頃発覚した千葉県の【秋住】問題が発生したのをきっかけにマスコミは欠陥住宅問題としておもしろおかしく報道し始まったのです。平成9年の頃でした。その結果木造住宅の需要が激減し日本独特の伝統工法で【日本の文化】と言っても過言ではない【木造軸組み工法】の危機の時代が来たのです。

    魚に例えると在来種が外来種に侵される第一歩に踏み込んだのです。奈良の法隆寺五重塔が日本古来の木造建築物であることは知られていますが、私達の時代に先人の匠たちが進化させ、守り通してきた伝統ある工法が外来種に取って代ってしまうことを阻止していきたいと強く思いました。欠陥や手抜きのない正確な施工を行えば、耐震強度や日本人の環境にマッチした快適な住環境空間は歴史が証明しているのです

    それを伝えていかなければ、との思いで協会を立ち上げた次第です。木造住宅に関して正確な施工方法と『自分』に合った施工業者を選べる目を身に付けていただく為に【住まいの教室】を開催しました。またさらに政府の地震発生予測でも、南海トラフ地震は今後30年以内に78%の確立、茨城沖太平洋プレートによる水戸市の発生確率は70%との情報で震度6以上を予測しています。これから建てた家は必ずこの地震に遭遇する事実を認識しなければいけません。つまり、これからの家づくりは

    『説得から納得の家づくり』が必要で、他から聞いたことが正しいと思い込むのではなく、自分で理解し納得したことが正解ということなのです。次回は『説得の家づくりから納得の家づくり』とはを説明します

     

    東建ハウスの仕事37【わたしは欠陥検査員4】

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    住いづくりの準備はOKでしょうか?私はNPOの理事長として関わった欠陥住宅の相談、検査調査の実績を何かの形で残したいと考え本を出版しました。【とちぎで素敵な家をたてる】です。たくさんの方々に読んでいただき欠陥住宅を無くす為多少役に立ったかな?とは思っていますがまだまだ多いのが実情です。

    そこで約10年ほど前から施主様のための勉強会【住まいの市民教室と自由相談】を開始しトータルで2000人位の方が勉強していただき健全な住まいづくりができたのではないかと考えています。

    でも、まだこの活動を知らない方もたくさんいる中で本業の都合で去年の初めに教室を締めました。それでも『教室は開かないのか?』の問い合わせが去年何件かありましたので開催ができるまで教室で使っていたテキストと私の本の内容を説明するというコンセプトで紹介していきたいと思います。もし住まいづくりを計画中の方や建築を目指す学生さんの方は必ず参考になると思いますので閲覧していただけたら幸いです。それでは毎週土曜日のブログで始めます。ちなみに下記の本を1名の方にプレゼントします。ご希望の方は【お問い合わせフォーム】よりお問い合わせ欄に“本希望“と書いて応募願います。希望者複数の場合は抽選にて発送します。締め切りは1月31日で発送は2月1日です

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    東建ハウスの仕事36【ヤング係数と含水率】

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    【E110以上】はヤング係数。ひずみ度といいまして梁材の強度を表しています。【SD20】は含水率20%を表し乾燥材を使用しているという意味です。日本農林規格JASの認証も受けている安心部材です。この写真は現在工事中の梁を撮ったもので当社は必ず表示しています。

    細かい部分も隠さない。これが東建ハウスの現場姿勢です

     

    東建ハウスの仕事35【開口部補強】

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    サッシの上の部材を【まぐさ】といいます。掃出しサッシのまぐさは柱と同寸法の杉無垢材を使用します。他社はほとんどが1/3の部材です。なぜこの寸法部材を採用しているかというと欠陥検査調査員の経験からです。

    依頼された欠陥検査の際、大きい開口の上部角部分に壁の亀裂が多く発生しているのが多くみられます。しかもカーテンレールの固定下地材も兼用します。他の窓サッシ全ての上にもカーテンレール固定用の下地材を入れていますのでサッシ上にはどこでもビスが止められます。他に無いこのような小さなアイデアが当社の家づくりの姿勢と自負しています

    東建ハウスの仕事34【選び抜いた県産材使用】

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    当社が使う構造柱は八溝山系の杉無垢材で樹齢60年を基本に採用しています。ヤング係数と含水率を計り規定にマッチした木材に【とちぎ産 token】の刻印をして加工出荷します。地震に強い家並びに健康無添加住宅を告知している当社の住まい。見えない部分にも自信と責任を表しています

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    宇都宮市弥生I様邸

    何とか完成

    明日からの展示会に間に合いました。組み立て家具があと一つありますが、時間を見て作ります。

    東建ハウスの仕事33【基礎の雨水侵入防止法】

    上の写真は欠陥検査の依頼で撮った現場写真です。べた基礎と立ち上り基礎の打ち継ぎ部分から水が染みています。つまり打ち継ぎ部分を水が貫通しているのです。何に影響するか?というと内部の鉄筋部分を水が通っているわけですから基礎の鉄筋が腐っていくのです。当社以外の基礎施工では全てこのような施工です

    それでは当社の施工はどのようにしているかというと下の写真です。ベタ基礎と立ち上りの打ち継ぎ部分にコーキング目地を入れているのです。そしてその目地に変性シリコンシーリングで埋め毛細管現象で雨水が侵入しないよう施工しているのです。当社独自の実用新案です。 なぜそのような施工をするようになったかというと、欠陥検査の際に床下に入って調査しますがその際、外部の基礎の打ち継ぎ部分に雨水の侵入跡が見られシミているのです。小さいことですが、住まいの施工に対してここまで完璧に考えて実行しているのは他に無いと自負しています。これが当社の家づくりの姿勢です0

    東建ハウスの仕事32【社長個人の今年の目標】

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    高根沢町安住神社に少し遅い初詣。お客様全員の幸せと一年の商売繁盛、家内安全を祈願しました。 

    それと同時に【ユーキャン】の英会話。去年揃えた【道具】を改めて確認。まだビニール包みもはがしていない状態でしたが、今年こそ必ず英会話をマスターするぞ‼ いや、努力しよう、そうだ暖かくなったら始めよう。 

    PENTAX DIGITAL CAMERA

    東建ハウスの仕事31【大田原の家“愛車”と供に】

    奥様も含めて“バイク大好きな家族”の玄関ホールとリビングから見た【愛車】。設計時点から玄関にバイクを!のご要望があり、バイク好きな私にとっても願ったりの設計提案ができるとワクワクしながら設計しました。

    バイクに合わせた打ち放し調の内装仕上げとリビング扉を全開すると黒御影調と古材調の玄関床のノスタルジックなバランス。引き渡し時点ではまだバイクが格納されていませんでしたので先日お邪魔して撮ってきました

    写っているヤシの木。床に穴をあけて植え、天井も開口を作って植えこんでいるのですよ。施主様とアイデアを出し合って完成した自由な御家族だけの世界に二つとない?素敵な住まいです。

    ちなみにこの愛車は、施主様のお父様でお孫さんがいる【おじいちゃん】のですよ。 若い!!